リースバックとは、至急資金を確保したい人向け

リースバックとは、愛着のある自宅を売り払ってまとまった資金を得る事ができ、売却後も自宅に住み続けられる夢の様なシステムです。リースバックとは、見ず知らずの第三者に自宅を売り払うにではなくリースバックを取り扱っている企業に直接買い取って貰うシステムであり、企業と不動産売買契約と賃貸借契約の2種類の契約を結びます。リースバックとは、企業と不動産売買契約と賃貸借契約の2種類の契約を結ぶので複雑そうに感じられますが、システム自体は売買と賃借を別々に考えるので非常にシンプルで簡単です。シンプルで簡単なリースバックは、高齢者に向けた新しいサービスと考えられていましたが、現在では住宅ローンの返済に困窮している若い世代の利用者も増加しています。

リースバックは、自宅を売却してまとまった資金を得る事から通常の不動産売買とどちらが得か比較される事が多く、建築市場の価格上昇が起こっているので通常の不動産売買が得と考える人も多い状況です。リースバックと通常の不動産売買を比較した場合には、一概にどちらが良いと答えを出す事はできず、利用者を取り巻く条件によって利用すべきサービスが決まります。まとまった資金が至急必要な人は、市場の相場よりも安くなる傾向が強いものの現金化に要する期間が短いリースバックがおすすめであり、時間的ゆとりのある人は市場の相場よりも高額に売却できる可能性が高い通常の不動産売買の方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です